関節リウマチはたんぱく質の変化が原因?

関節リウマチの原因として現在有力視されるのは「たんぱく質のシトルリン化」が引き金になるというもの。関節リウマチ患者の関節まわりにある 滑膜 には、たんぱく質中のアルギニンがシトルリンに変わったシトルリン化たんぱく質が多く存在する。このことから、細胞外基質(細胞以外の構成要素)のたんぱくがシトルリン化することで、免疫によって異物と見なされ、抗体が作られるなど攻撃のターゲットになって発症するのではないかと考えられている。