仕事術から、働き方、キャリア形成まで、専門家を講師に招き、役立つノウハウを1本、約10分間の動画に凝縮しました。1テーマを4本構成で、毎週公開します。5月は大手企業を中心にコミュニケーションをテーマとした講演活動を全国で行っている牛窪万里子さんが「ビジネスに生かせるデジタルコミュニケーション――オンラインでの効果的な伝え方」と題して解説します。4本目は「分かりやすい話の構成の立て方」についてです。

オンラインコミュニケーションの落とし穴と対策【動画】【1本目】
伝わる音声表現「間」「抑揚」「強調」の使い方【動画】【2本目】
五感を盛り込む話し方 視覚・聴覚・触覚とは?【動画】【3本目】
聞き手にしっかり伝わる「話の構成」の立て方【動画】【4本目】 ←今回はここ

 話の構成には、大きく分けて2つあります。1つは、いきさつから順に話す「プロセス型」。そしてもう1つは、選択肢や可能性を並べて、話し手主導で組み立てる「オプション型」です。どちらにもメリットとデメリットがありますが、いずれの場合も、聞き手の興味や関心に応じて組み立て、結論を明確にすることが重要です。そこで、伝わりやすい構成の立て方、PREPの法則について詳しく解説します。さらに、話の構成を組み立てる準備段階で役に立つ、ブレインストーミング術を紹介します。

 牛窪万里子さんが、次ページの動画でお話しします。