仕事術から、働き方、キャリア形成まで、専門家を講師に招き、役立つノウハウを1本、約10分間の動画に凝縮しました。1テーマを4本構成で、毎週公開します。6月は、リサーチのコア業務、営業成約・稟議(りんぎ)通過率8割超の戦略的資料作成支援を行っている城みのりさんが「オンライン時代も伝わるスライド作成術」と題して解説します。4本目は「ダメ資料のブラッシュアップ法」についてです。

「伝わる資料」の作り方 工程分解から始めよう【動画】 【1本目】
「伝わる資料」の構成作り パワポは閉じよう【動画】 【2本目】
5秒で伝わる資料作り そろえる・絞る・残す【動画】 【3本目】
その資料では伝わらない NG事例を基に解説【動画】←今回はココ

 これまで、「伝わる資料」を作るためのステップや秘訣をお伝えしてきました。今回は、城さんによる「プレゼン資料の完成版」を紹介します。

 3パターンのNG事例も紹介しつつ、NG資料を「伝わる資料」に変身させる5つのコツを詳しく解説します。前回記事(「5秒で伝わる資料作り そろえる・絞る・残す【動画】」)でお伝えした資料作成の3つのルール「そろえる」「絞る」「残す」のほか、(スライドを作成する前に)プレゼンで聞き手に伝えたいポイントをラフ画に描いてビジュアルを固めること。スライドの見栄えを良くするために、文章はできるだけ箇条書きにすることについても紹介します。これらのポイントをつかめば、短時間で効果的な資料を作成することができるはずです。

 城みのりさんが、次ページの動画でお話しします。