仕事術から、働き方、キャリア形成まで、専門家を講師に招き、役立つノウハウを1本、約10分間の動画に凝縮しました。1テーマを4本構成で、毎週1本ずつ公開します。8月の講師は、マナー・コミュニケーションの領域で数々の研修や講演を担当し、マナー講師養成も行う松原奈緒美さん。「仕事での自分をより上質に演出するコミュニケーションマナーのコツ」について解説します。3本目のテーマは「ビジネスシーンで覚えておきたい弔事のマナー」です。

ビジネスチャンスを広げる10の訪問者マナー【動画】 【1本目】
印象が大幅アップ ワンランク上の名刺交換術【動画】 【2本目】
知らないと恥かく、押さえておきたい弔事マナー【動画】 【3本目】 ←今回はココ

 葬儀などのお悔やみ事である弔事。長年お世話になった取引先や上司、同僚に不幸があった際には、参加することもあるでしょう。

 ただ、弔事は急に訪れるものです。また、「マナー違反を指摘することは、相手に恥をかかせることでもあるため、指摘してもらう機会が少なく、正しい知識があまり広がっていないのが現状です」と松原さんは話します。

 葬儀の形式が仏式なのか、神式なのか、キリスト教式なのかによって、上書きやお声がけも異なります。押さえておきたい基本を、次ページの動画でクイズ形式で解説します。実際にクイズに回答し、正しいマナーを身につけましょう。