仕事術から、働き方、キャリア形成まで、専門家を講師に招き、役立つノウハウを1本、約10分間の動画に凝縮しました。今回のテーマは「メンタルと健康」。薬剤師兼キャリアコンサルタントでOfficeファーマシストキャリア代表の伊藤由香里さんにビジネスパーソンがモチベーションを高く保ち、健康で働くための方法について聞きました。2回目は「部下や同僚がメンタル不調で落ち込んでいる」。自分が相手に対してできることや対話で気を付けたいことについて解説します。

1回目 やる気出ない、どうすれば?自分でできる克服方法/動画
2回目 メンタル弱っている部下や同僚への声掛け 注意点と理由 ←今回はココ
3回目 がんになったら…治療と仕事を両立するために必要なこと
4回目 男性が育休を成功させるための3つのポイント/動画

 部下や同僚がメンタル不調で落ち込んでいる。そんなとき、どうしたらいいのでしょうか。何とか助けになりたいと思っても、何から手を付けていいのか分からないことが多いかもしれません。

 メンタルが弱っている同僚への声掛けや働きかけには注意が必要です。「大変だからこの仕事やっておくよ」「気晴らしに出かけておいでよ」といった声掛けは、親切心でも相手にとっては逆に負担になってしまうことがあるためです。また、ポジティブな声掛けをしようと思って、相手を褒めるときにも、褒め方に注意が必要です。

 次ページの動画では、気持ちが落ち込んだ部下や同僚に対してできること、対応の基本となる3つのポイントや、もし「死にたい」という深刻な相談をされたらどうするか、部下や同僚が休職することになったときに覚えておきたい点などを解説しています。