学生の「そもそも、総理大臣に反対意見を言うのは、どうなのか」という考え方自体が新鮮だった