ITライターの鈴木朋子さんがビジネスやプライベートに役立つ、ITサービスのトレンドを解説します。今回のテーマは「ファッション・コスメ」。「自分に合うアイテムが分からない」「時節柄、店舗で買い物をしにくい」という悩みを持つ人も多いのでは。データ分析やAIを活用し、自宅にいながら、自分に合う洋服やコスメを見つけられる注目のファッションサービスを紹介します。

 服やコスメを買うときは、店員や同行してくれた友人に相談しながら購入することが多いもの。しかしネットショッピングでは、そうもいきません。実際に商品を手に取れないからこそ、自分に似合うのかどうかをしっかり吟味したいですね。

 そこで、デジタルならではの強みを生かしたサービスを利用してみましょう。ネットであっても、あなたに合わせたスタイリングが見つかるサービスを3つご紹介します。新しい自分を発見できるかも。

肌の色を診断するメガネ「ZOZOGLASS」

 ネットショッピングは便利ですが、画面越しでは色が分かりづらいもの。特にファンデーションは、色が違ってしまうと致命的。「購入してみたら、画面で見ていた色と印象が違った……」という経験をした人も少なくないでしょう。

 そのように、自分に合うファンデーションが見つけられない人もいるのでは。季節や肌の調子で肌の色は変化します。今の自分にぴったり合ったファンデーションを選びたいですよね。

 そのお手伝いをしてくれるサービスが「ZOZOGLASS(ゾゾグラス)」です。ZOZOGLASSは眼鏡タイプの計測器を付け、アプリで診断することで、パーソナルカラーが分かるサービス。これをかけて自撮りをすれば、部屋の明るさや照明の色などに影響されず、正しい肌の色を診断できます。

「ZOZOGLASS」は、カラーパターンを印刷したメガネ型の機器
「ZOZOGLASS」は、カラーパターンを印刷したメガネ型の機器

 まずはZOZOGLASSのサイトで申し込みをします。ZOZO IDの登録、ZOZOGLASSの入手は無料。自宅に届いたZOZOGLASSをかけ、ZOZOTOWNアプリを起動したスマホに向かって顔を傾けると、ヘモグロビン量(肌の色味)とメラニン量(肌の明るさ)を計測できます。

ヘモグロビン量とメラニン量が計測される
ヘモグロビン量とメラニン量が計測される

 実際に計測してみましたが、操作は簡単。ノーメイクでスマホに向かい、アプリの指示に従って顔を傾けていくだけ。顔のパーツごとの色と、ヘモグロビン量とメラニン量が表示されます。さらに、肌のベースカラーが「イエローベース」なのか「ブルーベース」なのか、そして似合う色の目安となる「スプリング」「オータム」「サマー」「ウィンター」も判定されます。

 判定結果に合わせて、ZOZOTOWNで購入できるファンデーションが表示されます。そのまま買い物してもいいですね。