中山さんの座右の銘は? 好きな本は?

【ロールモデル】復職後の直属の上司(当時、課長職)
当時の上司は、課題をタイムリーに指摘して、ミスを未然に防いでくれるような人でした。ある日、出勤すると机の上に私が改善すべき点を指摘するメモが貼られていて、自分の欠点と向き合うことができました。今もそのメモをときどき見ては、自己チェックに役立てています。

【座右の銘】ちりも積もれば山となる
何事も、少しずつコツコツやれば、大きな成果に結びつくと私は思っています。2014年から関わってきた「EpiMAX プロジェクト」もプロジェクトから社内組織の1つとなり、今は私自身がグループマネジャーとなって、さらに大きな成果を目指してみんなで進んでいるところです。

中山さん直筆。座右の銘はちりも積もれば山となる
中山さん直筆。座右の銘はちりも積もれば山となる

【おすすめの本】『医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者』(大竹文雄、平井啓/東洋経済新報社)
人は必ずしも合理的には動かない。そんな人間の不合理さを理解した上で、ではどう行動を促していけばいいのか。私たちの仕事である、医薬品の適正使用情報提供への応用ヒントを見つけるため、愛読しています。医療者、患者さん、ご家族が出てきますので、誰もが自分事として読める本だと思います。

【好きな映画】『トイ・ストーリー』
仕事以外の時間は、基本的にすべて子どもに使っています。このシリーズの3作目は保育園が舞台なのですが、ストーリーの内容を踏まえて、子どもたちが、おもちゃを大切に扱うようになりました。私自身も英語の勉強になりますし、家族で楽しめる作品です。

取材・文/阿部祐子 写真/稲垣純也