積み立て投資、始めていますか? 初心者でも失敗しにくい投資法として定番の積み立てですが、実は「万能」とはいえません。積み立て投資が失敗しやすい状況があるのです。あなたの思い込みを改めるべく「お金の新常識」を紹介するこの連載、今回は「積み立て投資の誤解」について紹介します。

Q 積み立て投資ビギナーにとってうれしくない展開は?

 あなたが今年から積み立てで、株式投信への投資を始めるとします。始めた1年目に、株式市場であまり起きてほしくない展開はどれ?

1.激しく乱高下する荒っぽい相場
2.大幅下落が続き、回復の気配がない相場
3.勢いよく大幅上昇が続く元気な相場

 さまざまな投資法の中でも、積み立て投資は、初心者でも失敗しにくい手法だといわれています。

 まとまった金額を一度に投資する方法だと、買った直後に株価の急落が来る可能性もあります。今後の相場を正しく予測することは難しいので、「買ったときが一番高かった」パターンを完全に避けるのは至難の業。しかし積み立てなら毎月分割で買うので、最悪なタイミングでまとめて買ってしまうことがありません。毎月一定額を自動的に買うだけなので、目先の値動きに心を乱されて判断を誤ることもありません。

 しかし、積み立てなら100%儲かる!とは残念ながら言えません。積み立てにも、損をしやすい状況というのがあるのです。それは上の選択肢に挙げた3種類の相場展開のうち、どれでしょうか?