コロナ禍を経て経済環境が激変し、実は分散投資のセオリーも変化しています。前回は、長く続いた金利低下トレンドが終わりつつある現状を見てきました。それを踏まえて、今回は投信のプロが、新たな時代に対応した分散投資の方法と具体的なお薦め投信を紹介します。

 前回記事・「金利低下が終わった世界」で私たちのお金をどうする?で触れたように、世界経済では過去10年以上、「金利が下がり続ける」トレンドが続いてきた。しかし、日本や欧州の金利がゼロ近辺やマイナスまで下がり、米国の金利も一時は1%を割る事態に。「理論上、これ以上金利が下がり続けることはほぼあり得ない」というレベルまで来た。

 金利低下は最終局面に達し、これからはむしろ金利が上がり始めるかもしれない。実はこれが、私たちの「積み立て・分散投資」にも大きく影響する。

 なぜなら個人投資家の多くが、投資信託を通じて「債券」に投資している。「分散投資では、株式と債券を半々」などのように資産比率を決めている人が多かった。金利がもう下がらず、今後は上がり得るという状況は、そんな債券への投資に「逆風」となるのだ。

そもそも債券とは? 金利が上昇に転じると不利になるワケ

 債券とは、国や企業にお金を貸して、国や企業が破綻しない限り、事前に決まった金利がもらえるという金融商品。先進国の国債(国が発行した債券)なら、「国が破綻する」リスクはほぼないため、低リスクで決まった金利収入を得られる。

 この債券、低リスクなのは事実だが、「損をしない」わけではない。実は投信を通じて債券に投資する場合、金利が上昇する局面では、投信が値下がりしやすい。

 債券の金利は一般的に「固定金利」であり、投資した時点で、金利収入がいくら手に入るかは将来分まで決まっている。そのため、投資した後に世の中の金利が上がると、金利が低かった頃に買った債券は相対的に魅力が下がり、値下がりしてしまう。

債券の値動きの仕組みの図、【パターン1】世の中の金利が上昇すると、債券の価格は下落、【パターン2】世の中の金利が低下すると、債券の価格は上昇

 逆に、金利が下がっていく局面では、債券に投資する投信は値上がりしやすい。これまでの、金利が下がり続けていた世界では、債券に投資していた人は、多大な恩恵を受けていたことになる。今より金利が高かったのに、それに加えて「値上がり益」まで得られたのだから。一方、今から債券投信を積み立てる人は、そもそも金利収入が少ないのに、値下がりリスクを抱えることになる。

 ちなみに、分散投資で株式と債券を組み合わせるのは、株価と債券が正反対の値動きをしやすいことも理由だ。景気が悪化すると株価は下げやすいが、同時に金利も下がりやすく、債券は値上がりする。株価が暴落するような局面が来ても、債券の値上がりでリスクが緩和される効果があった。しかし、これ以上、金利が下がりにくい今では、このメリットもあまり期待しにくい。

 以上の理由で、今は「分散投資は株式と債券が中心」とは言い難い時代といえる。では、これからの分散投資は、どうあればいいのか。次ページでは投信のスペシャリストのアドバイスと、具体的なお薦め投信を紹介する。