今まで自宅は「帰って寝るだけの場所」だった人も、コロナ下のステイホームにより「長く過ごす場所」に変わりました。その結果、インテリアが好きな人も今まで気にかけていなかった人も「家時間を気持ちよく過ごしたい」と思っているでしょう。では、自分にとって居心地のいい空間をつくるにはどうすればいいのでしょうか。インテリアスタイリストの石井佳苗さんに、家と心地よく生きるためのヒントを聞きました。

コロナで変わったインテリアとの付き合い方

 もともとインドア派で自宅にいる時間が長かったので、私自身はコロナ下での変化は実はあまりないんです。インテリアについて考える時間がちょっと長くなったかな、というくらい。

 ただ、私のまわりにいる仕事仲間からは「以前は仕事や趣味に没頭していて家は寝るだけの場所だったけど、快適な空間にしたいと思うようになった」という声が増えています。

石井さんの自宅。世界各地で見つけた素敵なインテリアにあふれています
石井さんの自宅。世界各地で見つけた素敵なインテリアにあふれています

 ステイホーム期間に長時間、部屋で過ごすようになり、インテリアとの付き合い方に変化が出ているようです。例えば今までテーブルや椅子は実用性だけを重視していたけれど、空間が気になり「奮発してでもデザイン性にこだわってみたい」と思い始め、何となく通販やインテリアショップのサイトをのぞくようになったりすることが増えたとのこと。

 また、オンライン会議が増え、インテリアを意識するようになったという声も。バーチャル背景もいいのですが、自身が選んだすてきな絵やお花が映ると、画面の向こうの人と会話が弾んで気持ちも明るくなりますよね。映り込んだところ以外ももっとこだわりたい、と部屋全体のインテリアを変えたくなっている人が多いようです。