フィジーで英語学校の校長を務める永崎裕麻さん。2020年春から「日本・フィジー・デンマーク」の世界3拠点生活(トリプルライフ)を送る予定でしたが、新型コロナウイルスの影響もあり、現在はフィジーに滞在しています。今回のテーマは「脱成長」について。フィジーと日本で暮らし、感じたことを振り返ります。

「成長圧力」「自己責任論」が根強い日本

 最近、「脱成長」という言葉を聞くようになりました。

 「何が何でも成長を目指そう」ではなく、「1日1日を大切に生きよう」という価値観が広がってきたのだと思います。経済学用語でも「定常経済」があります。活発な経済活動が行われているものの、経済成長を目標としない考え方です。ゼロ成長経済ともいいます。

 やみくもにGDP(国内総生産)を高めることに一点集中するのではなく、「GDW(gross domestic well-being:国内総充実)」という新しい尺度が注目されています。量より質を求め、国民一人一人が幸せを実感できる社会をつくろうという流れにあるのでしょう。

 日本社会は同調圧力のみならず「成長圧力」も強くあるように感じます。「自己責任」という言葉が頻繁に使われる自助社会では、自分の成長が生き残りに関わってきます。

 現在、僕が住むフィジーは共助社会であり、助け合いや協力を重視します。「自力」も大切ですが、それ以上に「他力」をうまく活用します。自分ができなくても、誰か他の人ができればいいのです。

 もちろん、成長を目指すこと自体が悪いことではありません。ただ、心身をすり減らしてがむしゃらに成長を追い求めるのではなく、成長の代替案を探して幸福度を高めるというものです。

 成長しようと力むよりも、ふっと肩の力を抜いたときのほうが進むべき道を見つけられるかもしれません。

「自己責任論」の強い日本では自分の成長が生き残りに関わる。でも、その「成長」は本当に自分が望んでいることなのかを考えてみよう
「自己責任論」の強い日本では自分の成長が生き残りに関わる。でも、その「成長」は本当に自分が望んでいることなのかを考えてみよう

 今回は「キャリア」「お金」「居住地」の3つの視点から、どうしたら生活の中に「脱成長」を取り入れられるかを探っていきたいと思います。