日本のジェンダーギャップ是正策の一つとして挙げられる、女性の社会進出や管理職登用の推進。真のジェンダー平等社会の実現には、男性を苦しめるジェンダー不平等を知り、改善していくことが必要だと、ジェンダー論が専門の近畿大学教授・奥田祥子さんは言います。

 女性活躍社会の推進において、女性の管理職登用を阻む社会構造や企業の問題を改善することが必要だと、前回話しました。日本には長い間「社会に出て働くのは男性、家の仕事は女性」という風潮があり、会社で働く時間や勤務地の決定権などは、基本的には男性を基準として決められてきました。

 女性の社会進出が加速し、男性の土壌だった企業で女性が働き出すと、これまで女性が担ってきた出産・育児・介護と仕事との両立に、就業時間や管理職登用などの実態が合わなくなってきたのです。

 女性が、育児や介護をしながら働き、能力を発揮する社会にするためには、長時間労働の見直しや、就業形態の多様化が必要です。しかし働きやすさに関するジェンダー不平等は、女性だけの問題ではありません。男性を苦しめるジェンダー不平等も同時に正していかなければ、真のジェンダー平等にはなりません。

男性を苦しめるジェンダー不平等も同時に正していかなければ、真のジェンダー平等にはならない(写真はイメージ)
男性を苦しめるジェンダー不平等も同時に正していかなければ、真のジェンダー平等にはならない(写真はイメージ)