「この役をあなたに」と言ってもらえる奇跡は失望をしのぐ希望

―― その後、例えば脇役の仕事が続いたときなどに、落ち込むことはなかったですか?

吉田 初舞台でメインの役をいただけたことは、実力では決してなくて、ビギナーズラックだったと思います。そこにいた当時の私は、未熟な新人俳優にすぎませんでしたが、その初々しさこそが、武器となったのでしょう。与えられた幸運をどう生かしていくかは、その後の課題になりましたが。

 お芝居の上手な俳優さんは、大勢います。自分と比較したらもう、いくらでもネガティブに考えてしまいます。自分にない魅力を持つ同世代の俳優さんを見て、「私は必要ない」と失望したことも多々あります。そんなとき思うのは、代わりのきくこの世界において、「この役をあなたに」と言ってもらえる奇跡が起こり続けているということ。それは、失望を大きく凌駕(りょうが)する希望です。

 それに、私は映像デビューが遅かったので、いつも若手・新人の感覚を、心のどこかに持つようにしています。自分を新人だと思うと、「この先、学ぶことがまだまだたくさんある!」って、ポジティブな気持ちになれるんです。

「私の他にすてきな俳優さんはいくらでもいるから、私は必要ないんじゃ……と落ち込んだこともありましたが、自分に与えられたステップアップのチャンスだと、今は、思うようになりました」
「私の他にすてきな俳優さんはいくらでもいるから、私は必要ないんじゃ……と落ち込んだこともありましたが、自分に与えられたステップアップのチャンスだと、今は、思うようになりました」

吉田 この仕事には正解がないので、自分の演技を「うまい!」と思ってしまったら終わりです。そこで成長が止まってしまいます。俳優でいる限り、ずっと正解がない道を進み続けることになります。演じる役が変わるたび、その役に対しての自分は新人です。冒険心が強い私には、やはりぴったりの仕事なんだと思います。


 次回は、人気俳優と呼ばれることへの葛藤と、常に第一線で活躍し続けるための「吉田羊流・ウェルネス」について聞きます。

取材・文/力武亜矢(日経xwoman編集部) 写真/稲垣純也 衣装協力/TASAKI(吉田羊さんアクセサリー)