ラジオ番組の「お悩み相談コーナー」で活躍するラジオパーソナリティー、ジェーン・スーさんの役を、俳優・吉田羊さんが演じる、ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』。それにちなんで、吉田さん自身の「生きるとか働くとか」について聞く連載。前回は、吉田さんが俳優を目指したきっかけや、ポジティブ思考で仕事をする方法について聞きました。今回は、人気俳優と呼ばれることへの葛藤と、活躍し続けるために心掛けていることについてです。

―― 駆け出しの頃と現在とで、俳優としての「自信」に変化はありますか?

吉田羊さん(以下、敬称略) コンプレックスがあったり、学ぶことだらけだったりで、気持ちはあまり変わっていないです。一方で、周りの環境は変わったと思います。人気俳優と言ってもらう機会もあり、それは本当にありがたいですが、自分のことではないみたいで、言葉に追いつけていないんです。

「人気俳優と言われても、自分のことではないみたいで、気持ちが追いつかないんです」
「人気俳優と言われても、自分のことではないみたいで、気持ちが追いつかないんです」

 私は映像デビューが遅くて、まだまだキャリアは浅いと思っています。また、俳優の仕事に正解はないですから、やってもやっても、満足できる達成感は、なかなか得られないです。役って、毎回違う人を演じるので、過去に積み上げた経験がそのまま生きるとは限らないですし。

 なので、人気俳優というお褒めの言葉はありがたく受け取りつつ、いい意味で「真に受けない」ようにしています。いつも心のどこかに新人の気持ちを持って精いっぱい取り組み、最後は「私ならできる!」と自分を信じる。「客観視・学ぶ姿勢」と「自分を信じる気持ち」のバランスを取りながら仕事をしています。