「池上彰と増田ユリヤのYouTube学園」をご存じですか? 池上さんと増田さんがYouTuberデビューして1年。ニュースの深層やテーマで横断する世界史など、2人ならではの番組作りの裏話と本音を聞きました。

コロナ禍をきっかけに「YouTube、やらない?」って増田さんに声を掛けたんだよね(池上さん)、「何を言い出すの、池上さん」と思いつつ、「私がカメラ回すか」と即考えていました(増田さん)
コロナ禍をきっかけに「YouTube、やらない?」って増田さんに声を掛けたんだよね(池上さん)、「何を言い出すの、池上さん」と思いつつ、「私がカメラ回すか」と即考えていました(増田さん)

単なるお勉強番組は即刻、却下

編集部(以下、——) 池上さんと増田さんがYouTubeにチャンネルを開設して1年になります。きっかけはなんだったのですか?

増田 言い出しっぺは池上さんです。

池上 去年、新型コロナウイルスの感染が世界に広がっていったときに、2人で急遽(きゅうきょ)『感染症対人類の世界史』を書き上げポプラ社から出したのですが、発売と同時に緊急事態宣言でリアル書店が次々に休業してしまった。それで、ネットを使えば届けられるじゃないかと思って、増田さんに「YouTube、やらない?」と言いました。

増田 「池上さんたら、何を言い出すの!?」と思ったのですが、次の瞬間には、「なら、私がカメラを回すか」と考えていました。そうしたら、ポプラ社の方が運営スタッフをつくりましょうと言ってくださって。チームで『YouTube学園』というチャンネルを継続的にやっていくことになったのです。

池上 最初は安易に「ポプラ社は子ども向けの百科事典を出しているから、それを紹介すれば子どもの勉強の手助けになるな」と思ったんです。そうしたら、「つまらない!」と増田さんに即、却下されちゃった。

増田 そんな、塾のビデオみたいなものを作るより、歴史でもニュースでも面白いアプローチがあるはず、と言ったんです。

池上 一方でスタッフからは、「日常生活を自撮りしてアップするのが、YouTubeの人気ジャンルです」と聞かされて、「えーっ」となった。

増田 そんなことを池上さんがするはずない。代わりに、日々の気になるニュースについて2人でZoomで語り合うことを提案しました。それなら我々が別々の場所にいるときでもできるし、気になる出来事について当日でも発信できますし。

池上 おお、それはいいねと。それが「今日のホームルーム」というシリーズになりました。

増田 ところが始まったら、私の怒りが毎日のように炸裂(さくれつ)です。Zoom対話のはずが、池上さんはテレビ中継をしているような態度で、ひとりで澄ましてしゃべっているんですから。

池上 みんなが見ていると思うと、ついテレビ的にやっちゃうわけですよ。

増田 解説ばかりしている池上さんに、「池上さんはどう思っているんですか」といちいちツッコミました。見ている人だって、池上さんの見立てや意見を知りたいはずよねと思って。

池上 NHKでは「自分の意見を出すな」と、徹底的にたたき込まれてきましたから面食らいました。急に「本音を言いなさい」と言われても、みたいな。

—— コメント欄には増田さんのツッコミが厳しいという声も出ましたが、揺るがなかった。

増田 女の人はニコニコして話を聞いているものと思われるのが嫌でしたし、そもそもそんなキャラじゃないので。

—— 時には2人の仲が険悪になることも?

池上 そりゃあ、ムッとすることもありますよ。

増田 よく我慢してくれたという感じです!

—— テーマはどう決めているのですか?

池上 「今日のホームルーム」のテーマは事前に決めず、その時々の話題を取り上げています。何も思いつかないときには、Zoom録画が始まる15分くらい前に、増田さんにメールで「何、やる?」と。

増田 開始直前に数分の打ち合わせで、ぶっつけ本番です。

池上 一方、「テレビじゃ教えないシリーズ」で取り上げるテーマは、スタッフも加わる編集会議で事前に決めています。

増田 ただし台本はなし。「池上彰のオタクな話シリーズ」や「増田ユリヤの写真取材シリーズ」など、お互いやりたいことにも付き合ってあげる(笑)。

池上 説明に図解が欲しいところは、NHKで『週刊こどもニュース』をやっていたときに紙芝居を作ってくれていた人に頼んでいます。ざっくりとこんなイメージの紙芝居が欲しいというと、阿吽(あうん)の呼吸でちゃんと作ってくれる、天才なんですよ。

増田 リサーチャーさんにも加わっていただいています。

池上 「ホームルーム」の最中も、画面には出ないけれどリサーチャーさんがずっと一緒に聞いています。いわゆる校閲係で、事実関係の確認をしてくれる。誤解を呼ぶ表現かもと、指摘があれば撮り直します。裏づけはしっかり取っているんですよ。

【番組アップまでの流れ】
1)録画日を決定(1カ月前)
 2人のスケジュールが空いている日や大きなニュースがあった日

2)テーマを決定(当日か数日前)
 流れをざっと確認。台本は作らない

3)収録
 2人以外にスタッフが5人。同時進行で内容を校閲し、必要があれば撮り直し

4)サムネイル作成(数時間後〜数日後)
 見出しが閲覧数に影響する。編集動画の確認と同時にスタッフの案を2人がチェック

5)公開(当日〜数日後)
 18〜20時頃が多い。その日の昼前後に収録したものを、即アップすることもある
*「今日のホームルーム」の場合