【池上さんの「推し」】 チベット仏教の最高指導者 ダライ・ラマ14世(1935年〜)

1940年に即位。中国のチベット侵攻により59年インドに脱出し、亡命政権を樹立。非暴力による平和的な問題解決を世界の要人に訴え、89年にはノーベル平和賞を受賞。「知的好奇心旺盛な慈悲の人です」(池上さん)