2人が追いかけている著者は

── ずっと追いかけている著者はいますか?

増田 折に触れて読むのは小池真理子さんの小説です。恋愛や肉親の死など人生の節目を迎えられるたびに作風が変わる。同じく直木賞作家でパートナーの藤田宜永さんを昨年亡くされたことで、愛と死を今後どう書かれるのかが気になっています。

池上 私は今野敏さんの『隠蔽捜査』シリーズをずっと読んでます。主人公が8巻から神奈川県警に異動するのは、対談させていただいたときに私が提案したアイデアなんですよ。

池上さんが追いかけているのは「今野 敏さん」
『隠蔽捜査』今野 敏著/新潮文庫
『隠蔽捜査』今野 敏著/新潮文庫
 隠蔽捜査シリーズを長年読み続けています。対談させていただく機会があり、「ファンです」とお話ししたら、主人公の次の転勤先はどこがいいかと聞かれて、うれしかったですね。

増田さんが追いかけているのは「小池真理子さん」
『神よ憐れみたまえ』小池真理子著/新潮社
『神よ憐れみたまえ』小池真理子著/新潮社
 最新刊の『神よ憐れみたまえ』は未読ですが、愛と死について深く掘り下げた作品をかなり読んでいます。同じ作家であったパートナーの死が今後どう作品に反映されるか気になります。

読書好きが実践する本の探し方

── 次に読む本や面白い本はどう見つけていますか。

池上 書店のレジによく置いてある出版社の新刊広報誌は楽しいですよ。集英社の『青春と読書』、新潮社の『波』、岩波書店の『図書』。新聞各紙の週末の書評欄も必ずチェックしますね。

増田 私は本屋さんですね。気になる本があると、奥付を開いて、いつ出版されたか、増刷回数でどれくらい売れているかをついチェックしてしまいます。

池上 プロの見方ですねえ(笑)。本屋はどう回る? 私は最初に新刊コーナー、次にノンフィクション系、新書、文庫、専門書の国際情勢や経済のコーナーという順。増田さんは?

増田 雑誌コーナーは必ず見ます。ファッションをはじめ、女性たちの間で今何がトレンドなのかが分かるので。料理やお菓子の本の棚もきっちり見ます。料理の歴史や世界の食材などを、楽しい構成で教えてくれる料理本がたくさんあります。

池上 特定のテーマを知りたいときは、新書のコーナーで探すのもいいですよ。かつての新書は、学者が書いた難しい本も多かったですが、今は1テーマについて1冊で非常に読みやすく書かれた新書が増えました。

増田 女性誌やファッション誌のインタビュー記事もヒントになります。職業も年齢も生き方もさまざまな方たちの言葉から、関心の領域が広がります。

池上 本の話となると増田さん、熱弁が止まらないねえ(笑)。

増田 池上さんほどじゃありませんよ(笑)。

池上さんが繰り返し読んだ本
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』マックス・ウェーバー著、大塚久雄訳/岩波文庫
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』マックス・ウェーバー著、大塚久雄訳/岩波文庫
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』マックス・ウェーバー著、大塚久雄訳/岩波文庫
 経済を学ぶ学生必読の名著。仕事は神による天命で、勤勉と成功により神に救われるというキリスト教・プロテスタントの信仰が資本主義の礎になったことが分かります。

増田さんが繰り返し読んだ本
『河童が覗いた』シリーズ 妹尾河童著/新潮文庫
『淋しいアメリカ人』桐島洋子著/文春文庫
『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』米原万里著/角川文庫

(左)『河童が覗いた』シリーズ 妹尾河童著/新潮文庫 (中央)『淋しいアメリカ人』桐島洋子著/文春文庫 (右)『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』米原万里著/角川文庫
(左)『河童が覗いた』シリーズ 妹尾河童著/新潮文庫 (中央)『淋しいアメリカ人』桐島洋子著/文春文庫 (右)『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』米原万里著/角川文庫
 1960年代のプラハの学校で過ごした親友たちの人生、アメリカの性革命のルポなど、その時代の素顔が伝わるノンフィクション。『河童が覗いた』シリーズは細かく描き込まれたイラストが何度見ても楽しいです。

気仙沼図書館の「池上 彰文庫」

 東日本大震災時の津波で本を失った宮城県気仙沼図書館に、池上さんは蔵書を送り続けている。今や合計約2000冊という「池上彰文庫」は開架式で誰でも見られる。「池上 彰文庫ができて、図書館全体でも社会科学分野の本の貸し出しが増えた」(図書館スタッフ)そう。

気仙沼図書館、アクセスはJR「気仙沼」駅から徒歩30分、または車で8分
気仙沼図書館、アクセスはJR「気仙沼」駅から徒歩30分、または車で8分
※掲載した本は一部を除き私物。現在出版社で品切れ、再版未定の本もあります。

構成/安原ゆかり 取材・文/中城邦子 写真/窪徳健作(池上さん、増田さん)