上司が異動を阻止できないシステムで、男女共に育成

―― 林さんは、女性の育成にどう取り組んでいますか?

⼤阪府四條畷市副市⻑ 林有理さん(以下、林) 実は、女性だけに限っての育成はやっていません。それよりも、働き方改革で組織の変化を起こすことを重視しています。男女共に育児や介護など、さまざまな事情がある人たちが最大効率で働いてもらうために、組織としていかに後押しできるのか。その観点から、人材育成をどのように行うかを、あの手この手でやっています。

―― 塩野義製薬にもたくさんの社員がいるので、さまざまな制度があると思います。澤田さんが今注力されている育成は?

塩野義製薬 取締役 副社⻑ 澤⽥拓⼦さん(以下、澤⽥) マネジメントそのものについては、全社横断的に、男女関係なく教育プログラムを走らせています。ただ、やはり上司のインパクトは非常に大きいので、社内公募制という、会社が計画する異動以外にも異動できる仕組みを導入しています。これは上司が異動を阻止することができないシステムになっており、自ら手を挙げ、応募先部署からも「来てほしい」となれば、異動できます。

 まだ過渡期ですが、「あの部門に行きたいなら、あらかじめこういう勉強をしておくといい」というようなことも、きちんと明示しようとしています。例えば、資格を取っていたら、優先的に異動ができるなど。自ら積極的に広く勉強し、進化させていくということを、どうすればもっと推進できるかを考えているところです。

澤田さんは若手社員のとき開発担当責任者に抜擢されたが、当時、「平社員の女性になぜ?」と部内で反発も。「アサインは会社命令、拒否できない」と割り切り、上司のサポートも得て乗り越えた経験がある。
澤田さんは若手社員のとき開発担当責任者に抜擢されたが、当時、「平社員の女性になぜ?」と部内で反発も。「アサインは会社命令、拒否できない」と割り切り、上司のサポートも得て乗り越えた経験がある。