目指すリーダー像の定義も変えなくてはならない

羽生 女性が謙遜してしまうという話は日本企業でよく聞きますが、PwCでも同じなのですか?

梅木 そうですね。女性は仕事以外にも、家事や育児など抱えているものが多いのが現状で、働き方の問題が背景にあると感じます。ですから、女性が昇進するためには、魅力ある職場になるように働き方を変えていく必要がありますし、目指すリーダー像の定義も変えていかなくてはいけません

「女性が昇進するためには社内全体の働き方改革が必要」(梅木さん)
「女性が昇進するためには社内全体の働き方改革が必要」(梅木さん)

羽生 性別役割分担の意識がなかなか解消しないという難しさがありますね。三菱ケミカルの中田さんは、ダイバーシティ推進に20年ほど携わっていらっしゃいますが、どう感じますか?

三菱ケミカル 取締役 常務執行役員 中田るみ子さん(以下、中田) 最近の若い人たちは、家事や育児の分担を当たり前のものとして捉えている印象があります。ただ、上の世代にはまだまだ固定観念が残っていますね。例えば、上司が子育て中の女性に対し、出張を頼むのをちゅうちょするという話を聞きますが、男性にはそんなことはしませんよね。そうした課題の解決に向け、管理職を交えてワークショップを行うなど、意識改革に注力しているところです。実際に社内の意識の変化も感じています。

「管理職を交えたワークショップなど、バイアス(偏見)排除に向けた意識改革を行っている」(中田さん)
「管理職を交えたワークショップなど、バイアス(偏見)排除に向けた意識改革を行っている」(中田さん)

羽生 ダイバーシティ推進の大きな目的は、人材獲得だと思います。いかに優秀な人を獲得し、定着してもらうかというところに、どの企業も苦心していると思いますが、梅木さん、PwCでは、どのような取り組みをしていますか?