男性が履いている「高げた」を脱がせる

―― IDEの中でもジェンダー平等、女性活躍推進は重要です。これらについてのお考えや思いをお聞かせください。

宮原 世の中には男性女性が半々ずついるのに、日本は圧倒的に男性社会です。男性社会の中で、女性はマイノリティー。もし逆に女性10人の中に男性が1人だったら、その男性は意見をちゃんと言えるか。これを理解してもらうために、男性がマイノリティーを経験できる研修にも取り組んでいます。

 日本企業の女性役員を後輩の女性たちが見たとき、「すごい人。私はあんなふうにはなれない」と感じることが多いのではないでしょうか。実際に「すごい人」しか役員になっていないのです。それに対して、男性はというとそうでもない。「あの人なら俺でもなれる」と思うことがある(笑)。つまり、女性はそれだけグラスシーリング(ガラスの天井)があるということです。

 優秀な女性たちが自分の意見を忌憚なく言え、価値観を出していければ、組織はもっとよくなるし、クライアントサービスもよくなる。生産性を上げ、アウトプットの品質も高まるよう仕組みを変えていくには女性活躍推進は必須です。それにより社内改革にもつながる。

 この環境変化の激しい時代において、多様な価値観を活用していかないとサステナブルな経営は成り立たない。しかし男性中心の日本社会を変えていくのはなかなか難しい。ですから、私はクオータ制(割当制)には賛成です。女性比率を上げるというだけでなく、もう少し踏み込んだ施策を企業が実行したら、政府は補助金を出すくらいのことをしてもいいんじゃないでしょうか。男性社会では男性が高げたを履いているわけですから、その高げたを脱がせる必要があります。

「男性社会では男性が高げたを履いているわけですから、その高げたを脱がせる必要があります」
「男性社会では男性が高げたを履いているわけですから、その高げたを脱がせる必要があります」