1989年から2011年に結ばれた182の和平合意を調査したところ、女性が和平プロセスに直接関与している場合、平和な状態が2年以上続く可能性が20%増加し、15年以上続く可能性が35%増加するという結果が明らかになった