「男性も大変だよね、でも変わらないと」

羽生 ジェンダー施策のエビデンスが出るには時間がかかりますが、これからも注目していきたいですね。さて、KPMGコンサルティングの宮原さんは、以前のインタビュー記事で「男性が履いている高げたを脱がせる」と宣言されました。あの後、社内での反応はどうですか? 積極的に推進しているので、社内に壁はもうないのでは?

KPMGコンサルティング 代表取締役社長 兼 CEO 宮原正弘さん(以下、宮原) いや、壁だらけですよ。「女性だけ特別視するのか」と、私に直接言ってくる人もいます。顔を見れば、腹落ちしていないことが分かります。なので、できるだけ男性陣を巻き込んでいくことが大切。最近は「男性も大変だよね、体育会系で深夜残業してきたんだよね」と、共感するようにもしています。「でも、時代は変わったんだ。自分たちも変わらないと、せっかく新卒で入ってきた若手や女性陣がみんな失望して辞めていくよ」と。

「女性だけ特別扱いするのか、と直接言ってくる人もいる」(宮原さん)
「女性だけ特別扱いするのか、と直接言ってくる人もいる」(宮原さん)

宮原 今、大学の部活組織なども上意下達でなくフラットですよね。女性も活発に意見を言い、LGBTQの仲間もいる。でも、会社に入ったら上意下達で、大学生から見たらあり得ない。だから失望して転職してしまうんです。

 男性は普通の人が昇進しているが、女性には「すごい人」しかいない。男性は上を見れば「いつか管理職になれる」と思うが、女性は「私はなれない」と思ってしまう。それが「男性の高げた」ですから、脱がせる。ちゃんと仕事をしていれば昇進できる、男女平等な環境をつくりたいと思っています。

 まずは有無を言わさず数的マイノリティーを解消することがマスト。新卒の半数は女性を採用することにしました。心理的安全性の確保や、働き方改革にも取り組んでいます。また、経営陣や管理職を巻き込むために、リレー形式のブログで多様性への思いを発信してもらっています。