2022年9月16日に行われた、日経ウーマンエンパワーメントプロジェクト「ジェンダーギャップ会議」の様子をお伝えします。パネルディスカッション「グローバル企業が考える『人への投資』とは」では、日本コカ・コーラ広報・渉外&サスティナビリティー推進本部 副社長の田中美代子さん、メットライフ生命保険 執行役 チーフヒューマンリソーシズオフィサーの向井麗子さんをパネリストに迎え、日経xwoman客員研究員・羽生祥子がコーディネーターを務めました。

(上)日本コカ・コーラ 女性管理職約40%、2つの策が奏功 ←今回はココ
(下)メットライフ生命 参加女性3割が役員に昇進した研修も

地域社会や地球環境、次世代に前向きな変化をもたらしたい

写真右から、日本コカ・コーラ広報・渉外&サスティナビリティー推進本部 副社長の田中美代子さん、メットライフ生命保険 執行役 チーフヒューマンリソーシズオフィサーの向井麗子さん。左端はコーディネーターの日経xwoman客員研究員・羽生祥子
写真右から、日本コカ・コーラ広報・渉外&サスティナビリティー推進本部 副社長の田中美代子さん、メットライフ生命保険 執行役 チーフヒューマンリソーシズオフィサーの向井麗子さん。左端はコーディネーターの日経xwoman客員研究員・羽生祥子

日経xwoman客員研究員 羽生祥子(以下、羽生) 日経ウーマンエンパワーメントプロジェクトは「ジェンダー平等を経営者の言葉に。組織の力に」というキャッチフレーズを掲げて活動してきました。女性の活躍に深く関わっているのが、人材を価値と見なして投資していく、いわゆる「人的資本」という考え方です。今回は、人への投資に本気で取り組むグローバル企業2社からパネリストをお呼びしました。

日本コカ・コーラ広報・渉外&サスティナビリティー推進本部 副社長 田中美代子さん(以下、田中) 「コカ・コーラ」という社名を聞くと、真っ先に「コカ・コーラを販売している会社」と思われるのではないでしょうか。実はコーラ以外にもお茶、ミネラルウオーター、コーヒーとさまざまな飲料を扱っており、商品を通じてお客様に前向きな気持ちや変化をお届けすることを使命としています。

 同時に、地域社会や地球環境、次世代の人々に対しても前向きな変化をもたらしたいと願っています。日本コカ・コーラでは「多様性の尊重」「地域社会」「資源」という3つの柱で、9つの重点課題に取り組んでいます。この中から今日は特に、日本の課題でもある女性活躍について深掘りしてお話ができたらと思います。

メットライフ生命保険 執行役 チーフヒューマンリソーシズオフィサー 向井麗子さん(以下、向井) メットライフは150年以上の歴史を持ち、40を超える市場で保険業務を展開するグローバル企業です。その一員であるメットライフ生命は、日本で営業を開始してから2023年2月で50年の節目を迎え、8500人以上の社員がおり、953万件以上の契約を有しています。私たちは「ともに歩んでゆく。よりたしかな未来に向けて。」というパーパスのもと、すべてのステークホルダーに保険商品やサービスを通じて安心を継続してお届けし、より確かな未来に向かって共に歩んでいきたいと考えています。

羽生 今、お二人から当然のように「パーパス」が語られたのが印象的でした。先進的なグローバル企業ではパーパスを企業経営の真ん中に置いていますね。もう1つのキーワードとして「DEI」もあります。ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(多様性、公平性、包摂性)の頭文字で、本日ご登壇の2社ともに取り組んでいます。まずメットライフさんからご説明をお願いできますか?

次回 日経SDGsフェス ジェンダーギャップ会議
12月9日(金)午前9時45分~開催

「女性リーダー育成を止めない、ダイバーシティ経営の本気」