「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」なんて、何のエビデンスもなく女性を蔑視するような発言を、オリンピック組織委員会の会長というトップの立場の人が公の場でするなんて。

 最初に森氏の報道を見たときは単純に怒りを覚えたし、本音ではやはり女性の社会進出をよく思ってないのかという疑心暗鬼な気持ちにもなったし、本当に悲しかった。

 女性だから・男性だからなんて偏見の目を持たずフラットに見てほしい。活躍の目をつまないでほしい。どんどん生かして世の中がもっと良くなってほしい。この発言を機に、上に立つ人の意識が急速に変わることを願っています。

佐藤麻衣子さん(社会保険労務士)

 森喜朗会長の発言。「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」。どちらが正しい、どちらが悪い、ということではなく、「違いがある」ということ。そして、「違いを受け入れるかどうか」ということなのではないでしょうか。

 性差は個性ですし、人は誰しも得意不得意があるもの。自分にとって当たり前は、他人にとって当たり前ではない。その前提で人と向き合うことで、より良い成果を創造する関係性が築けると、私は思います。

前川由希子さん(組織活性化コンサルタント)

 「わきまえる、わきまえない」という言葉は女性をリスペクトする姿勢がないんだなと。言葉選びを大幅に間違えていると思うのです。その発言こそが、場をわきまえていないのでは……と感じたのも事実。

 日本の人口の半分が女性です。そしてオリンピックは男性のためのものではなく、老若男女皆のもの。誰のためのオリンピックなのか……と憤りますね。

青木水理さん(日本おひるねアート協会代表理事)

 “みんなわきまえておられる”。これぞ同質性です。ダイバーシティの真逆です。

 企業がダイバーシティ経営を重要視し、投資家も判断材料とし、そこから価値創造を期待しています。その理由の一つがここにあります。わきまえない人、空気を破る質問、暗黙ルールへの疑問。そう、いわゆる面倒な状況を自ら作り出すことこそがダイバーシティ経営です。

 反対に、これらが存在しない状況こそが組織を衰退させる原因です。わきまえた大人の集まりに、魅力を感じる人は減少しています。

小嶋美代子さん(アワシャーレ代表取締役)

構成/日経xwoman編集部