人生をより豊かにするための情報を惜しみなく発信し続ける、経済評論家の勝間和代さん。3年前に始めたYouTubeのフォロワー数は既に23万人を超えた。その勝間さんが、2022年最大のインパクトとして「Amazonの聴く読書 Audible(オーディブル)の会員プランが聴き放題制に移行したこと」を挙げている。称賛の理由や、聴く読書「耳読」が多忙な私たちに与えてくれる恩恵について、熱く語ってもらった。

かつま・かずよ● 経済評論家
かつま・かずよ● 経済評論家
中央大学ビジネススクール客員教授。早稲田大学ファイナンスMBA、慶応大学商学部卒業。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。米アーサー・アンダーセン、マッキンゼー・アンド・カンパニー、JPモルガン証券を経て独立。幅広いジャンルでオピニオンリーダーとして活躍。近著『勝間式 金持ちになる読書法』(宝島社)・『できないのはあなたのせいじゃない』(プレジデント社)など、著作累計発行部数は500万部超。YouTube登録者数は23万8000人超。

月1500円で12万超の対象作品が聴き放題。生活はAudible一色に

 私は昔から読書が好きで、数年前からさまざまなガジェットで本を読み上げてくれるサービスが登場するようになったため、ずっと愛用してきました。耳読だと移動時間や家事の最中、ウオーキング時など、読書時間を格段に増やせます。とても効率的で楽しく、Amazonのオーディオブックサービス「Audible」にも加入していました。

 そのAudibleの会員プランが、2022年1月から月1500円のままで聴き放題制に移行して、これはもう本当にうれしい知らせでした。12万のオーディオブックから何冊でも選べるわけです。今や、朝目覚めてから夜眠るまで、時間がある限りAudibleをかけっぱなしにしています。

 起床するときや就寝前はスマートスピーカーで聴き、車に乗ればエンジンをかけた瞬間からAudibleが流れるようになっています。場所が変わっても前回の続きから朗読が始まるのも快適。電車移動の際は、最近見つけた性能のよいメガネ型スピーカーで、掃除や料理など雑音があるシーンではネックスピーカーで聴くなど、TPOごとに最適化した手段で楽しんでいます。Audibleはスマートフォン等の端末の充電もあまり減らないため、私はダウンロードせずストリーミングで聴いています。

「イヤホンだけで数十の製品を試して、現在Audibleに利用しているのがこの2つのスピーカー」と勝間さん。「メガネ型の『HUAWEI Eyewear』は電車でも音漏れが気にならず、着脱でオンオフができるので便利。ネックスピーカーはMonster製です」
「イヤホンだけで数十の製品を試して、現在Audibleに利用しているのがこの2つのスピーカー」と勝間さん。「メガネ型の『HUAWEI Eyewear』は電車でも音漏れが気にならず、着脱でオンオフができるので便利。ネックスピーカーはMonster製です」

 好みの時間でオフにできるスリープタイマー機能もあり便利だと思いますが、私は入眠以降もかけっぱなしにしています。大人なのに、素晴らしいナレーターに読み聞かせをしてもらっているような感覚ですよね。元来、人間は人の声が好きで、ラジオから聞こえていると安心するといった性質があるようです。私自身は睡眠の質も上がったように感じています。