持てる知識や経験をもっと社会のために役立てたい。そう考えた時、今の職場では実現できないこともあります。とくにIT業界では、キャリアアップのためにも転職が必要となるケースも。そんなスキルを極めた専門家たちに注目されるのが、ヴイエムウェアです。TAMとしての長い実績を持つ高松萌子さんも、その一人。理想を求めて転職した彼女に、同社の魅力を聞きました。

カスタマーファーストの理想を実現するために転職

 テクニカル アカウント マネージャ(TAM)を務めて15年目の高松萌子さん。「この仕事には毎回新たな発見や成長の手応えがあり、何年やっても飽きることがありません」と、魅力を語ります。

<b>高松萌子(たかまつ・もえこ)</b>さん<br> ヴイエムウェア株式会社<br> プロフェッショナルサービス統括本部<br> シニア テクニカル アカウント マネージャ<br> ヴイエムウェア製品の運用アドバイスを通じて顧客ビジネスに貢献するテクニカル アカウントマネジメント サービスに従事。社内ではシニアとして、後輩指導も任されている
高松萌子(たかまつ・もえこ)さん
ヴイエムウェア株式会社
プロフェッショナルサービス統括本部
シニア テクニカル アカウント マネージャ
ヴイエムウェア製品の運用アドバイスを通じて顧客ビジネスに貢献するテクニカル アカウントマネジメント サービスに従事。社内ではシニアとして、後輩指導も任されている

 TAMとは、顧客が抱える技術的問題の解決を支援し、運用改善へと導くプロフェッショナル。ですが、その仕事はITシステムの運用支援だけではありません。

「最大のミッションは、お客さまのビジネスに貢献すること。時にはコンサルタントとして、あるいはサポートエンジニアとして、柔軟な対応が求められます。自分自身も常に変化し進化していく必要があり、大変ではありますがそこにやりがいを感じています」

 そんな高松さんを奮い立たせるのは、「カスタマーファーストのTAMでありたい」という信念です。

 新卒から12年間勤めた会社を辞めて、ヴイエムウェアに転職した理由もそこにありました。

法学部在学中にプログラミングの面白さを知り、IT企業に就職。教えることが好きな性分を活かし、TAMとしてキャリアをスタートしました。12年間働いたのを機に、より高いレベルで「カスタマーファースト」を実践できる場を目指し、社会人13年目でヴイエムウェアに転職。2年後にシニアに昇格し、現在は顧客への製品運用アドバイスに加えて、社内での後進育成にも尽力。今後は顧客ビジネスの向上にもっと寄与できるよう、経営の勉強にも取り組んでいくそうです
法学部在学中にプログラミングの面白さを知り、IT企業に就職。教えることが好きな性分を活かし、TAMとしてキャリアをスタートしました。12年間働いたのを機に、より高いレベルで「カスタマーファースト」を実践できる場を目指し、社会人13年目でヴイエムウェアに転職。2年後にシニアに昇格し、現在は顧客への製品運用アドバイスに加えて、社内での後進育成にも尽力。今後は顧客ビジネスの向上にもっと寄与できるよう、経営の勉強にも取り組んでいくそうです

「どんな時も『お客さまのためになるか』を判断基準とするのが、ヴイエムウェアのTAMチーム。理想のカスタマーファーストがここにある、と確信しました」

 確信は実感に。お客さまに喜ばれる機会も増え、この仕事がますます好きになったと言います。