LINE WORKSは、保育&幼児教育現場のICT化の架け橋になれる?

 馬場幼稚園の杉谷さんは、「PTAのみなさんが、LINE WORKSを使って活動の効率化につなげている様子はとても興味深く、私たちも参考にさせてもらっています。さまざまなデジタルリテラシーの方が混在する場では、ICTツールは、まず初めての人でも感覚的に使えるものを選ぶことが重要です。混乱を回避するために、自分たちのニーズに合わせて使いたいサービスを取捨選択できるものが理想的ですね」と話します。

馬場幼稚園の先生方と役員間のやり取りもスタート
馬場幼稚園の先生方と役員間のやり取りもスタート

 馬場幼稚園を利用する家庭の半数は、共働き家庭で、以前のように集まってPTA活動をするということが難しくなっている現状を受け、ICT化について一段と前向きに検討し始めたと園長先生の近藤さんが話します。

 「当園のPTAは、より良い子育てのあり方を園と保護者で一緒に考えていきたいという思いのもとで、働いている方、専業主婦の方、介護中の方、シングルの方など、さまざまな立場の保護者の方に参加いただいています。PTA活動のICT化は、誰もが参加しやすくなるという点で非常に画期的。資料のペーパーレス化も革新的だと感じています。園側も学ぶところが多いです。LINE WORKS のような、多くの人が身近に感じられる便利なサービスが、世代やライフスタイルによって多様化している人々の価値観の溝を、スムーズに埋めていってくれることを期待しています」

 保育&幼児教育現場が今後目指すべき、意義ある業務効率化・ICT化とは。答えもやり方も1つでないからこそ、保護者と先生方が一緒になって、「子どもたちのために」という共通の思いのもと、考えていくことが大切なのではないでしょうか。

■てぃ先生 徹底解説! 保育業界でのLINE WORKS活用術 詳細はこちらから

取材・文/鈴木友紀 写真/阿部吉泰