1年で「しなやかさ」「したたかさ」を習得

 資生堂のD&I施策で欠かせないのが、代表取締役社長CEOの魚谷雅彦さんによる強いコミットメントだ。「女性役員の割合向上に貢献する『30% Club Japan』の会長を務めるほか、女性リーダー育成塾では自ら塾長としてかかわっています」(今泉さん)

 また、女性管理職を増やす取り組みとして2017年から始まった、女性リーダー育成塾「Next Leadership Session for Women」(NLW)について、担当者の沼尻さんが解説。2017年開講時は部長候補を対象にしていたが、2020年から課長候補を、2021年からは役員候補を育成する研修を追加した。

 NLWの受講者は選抜式。「リーダーはこうあるべきだ」という固定観念を捨て、「資生堂で何を成し遂げたいのか」「自分らしいリーダーとは」など、自分ととことん向き合う(しなやかさ)ことから研修が始まり、コーチングや戦略的思考など、リーダースキル(したたかさ)を獲得するプログラムもある。トータルで1年弱の研修だ。

 「しなやかさと、したたかさを兼ね備えた自分らしいリーダーシップを発見・発揮することで、今後より大きな影響力を発揮することへの自信と覚悟を持つこと。これが、全階層共通のゴールです」(沼尻さん)