すぐに役立たない情報も「いつかのための貯金」。広く触れ、ストックを増やす