「お小遣い稼ぎ」の副業からスタート

 派遣先の企業はアパレルとは別の業界。とはいえ、バックオフィスの事務の仕事はこれまで管理職として物品やタスクの管理をしてきた経験を生かすことができ、楽しく働いていると八木さんは言います。

 派遣社員として働いて約1年がたったころから、「アフター5の時間を有効活用して、お小遣い稼ぎをしよう」と考えるようになりました。ECサイトへの商品情報登録を代行したり、企業からのアンケートに回答して報酬を得たりする簡単な副業を、隙間時間で少しずつ受けるようになったといいます。

 副業を本格化させたきっかけは、2019年3月に登録したクラウドソーシングサイト「ランサーズ」が主催するセルフブランディング合宿でした。

 八木さんは、ランサーズが運営する、フリーランスや副業に関心のある会社員らが集うコミュニティで、イベントなどの運営支援をする「コミュニティマネージャー」に応募。その際に、住んでいる地域から近い場所で開催されるセルフブランディング合宿があると知り、参加を決めました。