「子どもの頃は日記が苦手でしたが、今は毎日書いています。もう数十冊になりました」(三田さん)