「さすが小島慶子! と思われるようにしていた時期もありました」