LINEを受けたとき、「これはもう、きっと大丈夫だろうと確信していました」