学びたい言語に触れる時間をつくることがポイントのようです (C)PIXTA