涙が蒸発するまでの時間(BUT値/涙液層破壊時間)を調べ、季節性のアレルギーがある人とない人で比較した。その結果、アレルギーのある人の方が涙の状態が不安定でドライアイ傾向にあることが分かった。