最初に楽譜を読むのではなく、耳で音を聴く体験からスタート。次に、先生のまねをして歌います