2/15まで!お得な初割◆最大2カ月無料&書籍贈呈

  1. TOP
  2. イベント一覧
  3. 企業での女性活躍、22年の傾向と23年の展望(動画)
イベント一覧

企業での女性活躍、22年の傾向と23年の展望(動画)

日経xwoman 女性活躍・D&I サクセスプログラム 解説動画――どうなる? 2023年の企業戦略

Terraceで話題!

企業での女性活躍 2022年の傾向と2023年の展望を動画で解説

 2022年は「女性活躍推進法の改正」「男性育休義務化」など、ダイバーシティに関連するルール変更が数多くありました。そして23年は、有価証券報告書へ「人的資本情報」の開示が求められるようになるなど、女性活躍、ダイバーシティの推進がより強く求められる年となります。

 では、企業には実際にどのような取り組みが必要となるのでしょうか?

 働く女性のキャリアとライフスタイルを応援する女性誌『日経WOMAN』(発行:日経BP)と日本経済新聞社グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト」は、「企業の女性活用度調査」を毎年実施し、22年版「女性が活躍する会社BEST100」をまとめました。この調査結果をもとに、企業での女性活躍の傾向と23年の展望について、日経WOMAN元編集長・日本経済新聞女性面元編集長の佐藤珠希がどこよりも分かりやすく解説します。

 また、動画では22年12月26日発売の最新調査レポート『女性活躍戦略レポート2023』をご紹介します。企業戦略で必須となる「女性活躍」をどう進めるべきか。どのように経営戦略・人材育成につなげられるのか。そんな人事担当者、経営者の悩みを解消する、気づきが詰まった全340ページのレポートの魅力を、担当編集者の内田が詳しくお話しします。


1時間1分15秒 ※本動画は2023年1月13日に開催したウェビナー「『企業の女性活躍度調査』から見える2023年の企業戦略」を録画したものです
<動画内容>
企業での女性活躍、22年の傾向と23年の展望&『女性活躍戦略レポート 2023』/女性活躍・D&Iサクセスプログラムの解説

【1】「企業での女性活躍に関する2022年の傾向と2023年の展望」(佐藤珠希)
【2】『女性活躍戦略レポート2023』活用術 /女性活躍・D&Iサクセスプログラムの紹介(内田久貴、加藤淳)

■こんな方におすすめです
・企業の人事、広報、IR、サステナビリティ部門のご担当者様
・役員・経営層の皆様
・女性活躍に関心のある企業、自治体、学術機関のご担当者様

 本動画での講演資料、「女性活躍・D&Iサクセスプログラム」ご紹介資料、「女性活躍戦略レポート2023」特別編集版は下記からダウンロードしていただけます。

■ダウンロードしていただける資料
【1】講演資料(一部)
【2】女性活躍・D&Iサクセスプログラム 紹介資料
【3】「女性活躍戦略レポート2023」特別編集版

■講師
佐藤 珠希(さとう たまき)
日経BP ライフメディアユニット長・日経WOMAN元編集長・日本経済新聞女性面元編集長
1971年宮城県生まれ。一橋大学社会学部・法学部を卒業後、96年に毎日新聞社入社(記者職)。千葉支局で事件や選挙取材などを経験したのち、2001年ベネッセコーポレーションに転職、主婦向け生活情報誌の編集に携わる。04年日経ホーム出版社(現・日経BP)に入社。日経マネー編集部などを経て09年から日経WOMAN副編集長、12年から日経WOMAN編集長。16年、日本経済新聞女性面編集長。18年、日経マネー編集長。22年から現職。

内田 久貴(うちだ ひさたか)
日経BP 日経xwoman(クロスウーマン) オーディエンスエンゲージメント長
1971年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、93年に日経BP入社。記者・編集者として月刊誌を数誌経験後、パソコン雑誌「日経クリック」副編集長、流行情報誌「日経TRENDY」副編集長、「日経PC21」編集長を経て、2018年、働く女性のためのWebメディア「日経xwoman」開発長に就任、プロジェクトの立ち上げに参画する。20年から現職。

■参考資料
『女性活躍戦略レポート2023』(日経BP、19万8000円・税込) 詳細はこちらから

関連雑誌・書籍・セミナー

会員登録でクリップやタグの
フォローが可能になります
フォローしているキーワード/タグ
キャンセル
2カ月無料!初割キャンペーン実施中 

2カ月無料!初割キャンペーン実施中 

日経xwomanと日経電子版を2カ月間無料で体験いただけます。