地方にいながらも私のあり方や理念を発信できる(加藤ひかるさん)