勇気をもらえるところ、自分を大切にする時間(上瀧和子さん)