日経ARIA 5月号特集「今しかできない! 親への贈りもの&言葉」でご紹介した映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』を、読者の皆様と編集担当が一緒に鑑賞する会を開催します。このたび、信友直子監督のご厚意で日経BPでの上映が可能となりました。皆様のご参加をお待ちしております。参加ご希望の方は、このラウンジ「映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』鑑賞会(2019年7月3日)」で一言、自己紹介を兼ねた「参加表明」をお願いします。

※会場は日経BPセミナールームのため、映像や音響の再現性はシアターと比べて見劣りします。あらかじめご了承ください。

日時:2019年7月3日(水)19:00~21:10 (18:30受付開始)
会場:日経BP本館(日経虎ノ門別館)5F セミナールーム1
   東京都港区虎ノ門4-3-12
定員:約30人
費用:無料 ※食事のご用意はございません
応募資格:日経ARIA読者 ※応募多数の場合は有料会員を優先します


【プログラム(当日の流れ)】
18:30~ 受付開始
19:00~ 開会 あいさつ 日経ARIA編集スタッフ
19:10~ 映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』上映(1時間42分)
20:50~ 懇談
21:10  閉会


※プログラムは変更になる場合があります。
※有料会員優先のイベントです。登録会員(無料)のかたは、お申し込みいただいても、事前にお送りするメールでご来場をお断りさせていただく可能性がございます。

■日経ARIA有料会員 お申し込みはこちらから
日経ARIA有料会員 お申し込み
■映画鑑賞会 お申し込みはこちらから
映画鑑賞会 お申し込み
信友直子監督
(C)「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
「ぼけますから、よろしくお願いします。」予告編
参照元記事
日経ARIA

老いゆく両親を泣きながら撮った3年 信友直子監督

老いゆく両親を泣きながら撮った3年 信友直子監督

日経ARIA有料会員のみ
コメントを閲覧できます